自分に向いている資格を探してみましょう

>

さぁ働こう!

資格より経験が大事なのか

知り合いの話ですが、その方は若くして結婚をし子供を産み家庭に入ったので、社会人経験がほぼないに等しい状態でした。
子育てもある程度落ち着き自分も少しは家計の足しにと仕事を考え、市などで無料で受けられる資格取得講座に参加したそうです。
そこで講師の方にこの資格を取ったからといって仕事ができるわけではないという話をされたそうです。
人気の職業でもあったので経験や若く将来有望な人に取られてしまう、というような話だったそうです。
その方はそれ1回で講座には行かなかったそうです。
せっかく勉強に来た生徒に向かってなんてことを言うんだという気持ちもありますが現実問題確かに避けては通れない問題のようです。
本当に好きでその資格を取りたい気持ちがあれば取っていたかもしれませんが自分に何か優先するものがある時、純粋に取りたいという気持ちより条件を先に見てしまうのではないでしょうか。

勉強と実践

好きなことや興味のあることを学んでいる時はとても楽しいです。
今まで知らなかったことを知り、知識が増え、生活に潤いが生まれる。
趣味でも仕事でも学ぶ姿勢というのはとても大事です。
学校や公民館や講師の自宅や通信教育など資格により勉強の方法も変わってきます。
大事なのは謙虚な気持ちです。その資格を持っているから偉いというわけではありませんし、資格を持っていることと、使えるようになること、そして教えるようになることはまた違うことです。

教えてもらっている時はその資格を使う責任はほとんどありません。しかしいざ自分のものになり、使う場面になった時本当にこれで良いのだろうか、参考書にはこう書いてあったけどいざやってみたらそうはならないぞ、ということもあります。
気軽な気持ちで楽しむ反面習得する責任も考えたいです。